栃木県日光市猪倉字箱ノ森 1961番地 3

里山の丘にある居心地のよい「何時も庵」。里山のの〜んびりした風景を楽しみながら食とお茶を楽しむ。
丘に隠れた、ちいさな湧水池を回り、ガマの穂などの山野草を楽しむ「883歩の箱ノ森の散歩道」。途中のベンチで一息は、必ず穏やかな時間を与えてくれることでしょう・・・。

茅葺の宿 三男坊 2012.04.28 open
●土曜日限定営業!1組(5名)もしくはお2人様2組限定!!
・懐かしくミシンをカチャ カチャ カチャと踏んでみますか?
・懐かしくポコポコと煙をだして薪を焚き、井戸水の柔らか湯にゆったりと・・・
里山に戯れ我が家のように過ごす休息!
http://www.hakonomori.net
883歩の「箱ノ森の散歩道」 ザゼンソウの花が少なかったので・・・

883歩の「箱ノ森の散歩道」 の、湧水池の周辺毎年出ていたザゼンソウがあまり開花せず少し寂しい思いをしていましたが、あちこちにちゃんと青々とした葉を広げはめました。良かったー!来年こそは開花をお見せしたい!ザゼンソウに変わり頑張りま〜す。

883歩の「箱ノ森の散歩道」 / comments(0) / trackbacks(0)
883歩の「箱ノ森の散歩道」 クロモジが咲き出しました
883歩の「箱ノ森の散歩道」も、日増しにあちらこちらに緑を感じ、散歩がとても楽しみな季節を迎え始めました。今日は、クロモジも咲きだしました。クロモジとは、高級和菓子の楊枝を作る木で、ほんのりと大人の香りをもつ木です。


883歩の「箱ノ森の散歩道」 / comments(0) / trackbacks(0)
883歩の「箱ノ森の散歩道」 連休が見ごろかな・・・野々すみれ

何時も庵に隣接する竹林の足元が、野々すみれの生息地。日当たりの良いところから、小さな薄紫の花が咲き出しました。とても、なつかしい野々すみれ!どこにでもあった植物!しかし、今は、田んぼや畑に農薬を使用するせいか?道端のどこにでもあった植物が姿を消している。逆に農薬にも強い外来種の植物が増える一方、日本の原種のものがどんどん失われている。小生に出来ることはせめて「箱ノ森」を守ることだろう・・・

883歩の「箱ノ森の散歩道」の、ウグイスカグラも小さなを沢山咲かせ始めました。一見、見落としてしまうぐらいの小さな花です。ちょうど、ゆりの花を小さくした形状でピンクの可愛い花です。花が終われば緑の小さな実をつけ、夏には赤い実となりこれが「グミ」となります。

883歩の「箱ノ森の散歩道」 / comments(0) / trackbacks(0)
883歩の「箱ノ森の散歩道」 ハルニレの新芽

883歩の「箱ノ森の散歩道」 の、ハルニレもやっと新芽をふきだしました。生まれたての小さな葉はとても可愛いものですね。一日々、すこしづつ手のひらを広げるように開いてきています。883歩の「箱ノ森の散歩道」に楽しい季節がやってきました。お時間を見てぜひぜひお散歩を楽しんでください。

883歩の「箱ノ森の散歩道」 / comments(0) / trackbacks(0)
883歩の「箱ノ森の散歩道」 ネコヤナギがいつの間にか春

883歩の「箱ノ森の散歩道」 の、ネコヤナギがいつの間にか春を迎えていました。これからが楽しみの散歩道、いろいろな樹木達や山野草が芽生え、箱の森の里山の様相が緑に変化していきます。どこにでもある春ですが、身近に触れるのは883歩の「箱の森散歩道」です。どうぞの〜んびりとお過ごし下さい。

883歩の「箱ノ森の散歩道」 / comments(0) / trackbacks(0)
箱ノ森 ザゼンソウ開花しました

とうとうザゼンソウが開花しました。

ザゼンソウの葉は、最初巻き込んだ状態でだんだん広がり、芋の葉のように大きくなります。まもなく葉がひろがりだしますね・・・

883歩の「箱ノ森の散歩道」 / comments(0) / trackbacks(0)
883歩の「箱ノ森の散歩道」 ザゼンソウがやっと出てきた!

箱の森には、3箇所のザゼンソウの咲く地帯がある。このザゼンソウは、お稲荷さんの近くのちいさな清水川のところ、883歩の箱の森の散歩道の湧水池奥はまだ咲いていない。さらに茅葺きの宿「箱の森」の裏側も咲いていない。3/8、まだ何時も庵のテラスに雪が残っていたのを考えると、かなり本年は遅いだろう。まだ、ほんのちょっとの姿しか見られない状態なので、多分今月の末頃が開花かもしれません・・・

883歩の「箱ノ森の散歩道」 / comments(0) / trackbacks(0)
何時も庵 有佑君が遊びに来てくれました。
茅葺きの宿の作業もお昼をむかえ「何時も庵」に食事に向かいました。すると窓際の席に有佑くんがいるではありませんか!!小生の姿を見るや手を振っている。小生、埃で店内に入れませんのでベンチ席に。まもなく有佑君がだんだんと近寄ってきたので、「散歩道」に行こうか?と誘ったら、うんうん。裕介君と妹のゆうこちゃん(名前の書き方を次回は聞こう、とりあえずひらがなで)と3人でお散歩。
 
戻ってみると、冷めたい巾のひろ〜い もちもち うどんが届いており、裕介君とゆうこちゃんになに食べたの??と、聞くと「冷たいおうどん!」おんなじだね〜などとお話をしながら、ツルツルと食べ始めると、さすが男の子木登りをはじめた。1ヶ月前に雪だるまを作っていたときより大そう大人になっている!ランドセルが届き「ピカピカの一年生」と、ゆうこちゃんがうたってくれた。なるほど〜!
883歩の「箱ノ森の散歩道」 / comments(0) / trackbacks(0)
883歩の「箱ノ森の散歩道」 ツグミさんが遊びに来た。

音楽家(ヴァイオリニスト)のtomoちゃんの音だしです。ふんふん、いい響きですね・・・この位置がいい。らしい?

音だしが終わった頃、883歩の「箱ノ森の散歩道」にツグミさんが遊びに来た。なんと、木道の際を歩きながら落ち葉をツンツンと突き落ち葉が舞い上がる。この光景に見とれ、小生も女監督もtomoちゃんもスタッフもツグミさんの行動に、15分ぐらいカメラ片手に目が釘付け状態でした。tomoちゃん、あら〜こんな時間!慌ててドアを開け歩き出すと、ツグミさんも飛びだって行った。

※泣き声:クワックワッと鳴く、飛翔時や枝に止まっているときにクイックイッと鳴く。春の渡りにはキョロキョロッと鳴くこともある。
※行動:明るい林や開けた場所を好む。地上を数歩進んでは立ち止まることを繰り返し、ミミズや昆虫を捕らえる。カラスザンショウ、イイギリ、ハゼノキの果実や熟したカキを好んで食べる。

883歩の「箱ノ森の散歩道」 / comments(0) / trackbacks(0)
何時も庵 ボケの花芽が膨らんできました

何時も庵の竹林側にある、 ボケの花芽が膨らんできました。数日前に雪が降ったかと思うと・・・でも、寒くても樹木達は春に向けて準備が整ってきたようですね。去年よりつぼみは少ないですが、薄ピンク色の可愛い花をつけますよ。2月中頃でしょうか・・・

883歩の「箱ノ森の散歩道」 / comments(0) / trackbacks(0)